:::::::: calendar ::::: entry ::::: comment ::::: trackback ::::: category ::::: archive ::::: link ::::::::
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- * - * -
ヒトデはカブト虫を殺さない
2007.2.16
TAYTON&白☆星ダブルレコ発
・ちびっ子30才九州里帰りグルメツアー
ザ・ローションズ/SINVA/PEDO
@Django



ペド見てきました。
ユウキペロは緑でした。ありえないくらいに全身緑でした。
それにしても、とてもいいライブだったなぁ。
初めて見たときは、あまりのインパクトの強さに、そればっかり目が行ってしまっていたのだけど、相当いいバンドだと思うわけです。ペド。
ワタシはユウキペロの声が大好きなのです。
前に見たときは、マイクくわえたりして、あんまりロクにうたっていなかったのだけど、今回は比較的まともにうたっておりました。
彼の声はとてもかっちょよい。
まともにうたっているときの声などは、ストーさんにも負けないくらいステキだと思うのです。
曲もとてもかっちょよい。
そして歌詞もじつはちょっとステキかもしれない。
MCもやたら笑わせてもらいましてん。
たまに素の顔で笑うユウキペロは、ひじょーにカワユス。
髭がないほうがつるっとしてていいな。

(それにしても、対バンのMCはヘタだったなぁ。
 色んなライブに行くようになって、つくづく思うことは、
 團長のMCは上手すぎる、ということw)

ライブ後にupされたユウキペロの日記を見ると、
「今回は自分の中にある弱さを隠し通せたかな」
とあったので、きっと弱さに負けると上手くうたえなくなってぐだぐだになるのだろーな、なんてことを思ったり。

それにしてもペドが熊本のバンドでよかったなぁ。
ライブがたくさん見れてホント幸せだー。
月1ペースって、嬉しすぎる。
それと同時に、もっと色んな人に見てもらいたい、という気もするけれど。
総決起とか出てくれると嬉しいのになぁ。
とりあえず次はぷよぷよ8。楽しみだな。
CDはペロいわく、5月くらいに出せそう、ということなのでそれも楽しみ。

ところで、対バンの間、赤いバッグをもってうろうろうろうろしてたペロが、なんだかおかしかったなぁ。
赤に緑。
ちょいと話しかけたときのキョドりっぷりとか、カワユスなー。
友達になりたい。超なりたい。

そういえば、シガキさんとか、バターコーンの金髪のにーちゃんとかおったな。


ライブ☆ライブ☆ライブ * - * -
フリージアの少年
テンプレを変更してみまんた。
紅い花がキレイですなー。この花はなんだろうなー。
(たぶんフリージアではない。ハズ)
完全に放置プレイのくせに、見た目に飽きたので。一応。
本当はバックを黒にしたいんだけど、テーブル外の色の変え方がわからない…むぅ…。

とりあえずライブのことだけはメモっとこうかと。
まぁ某snsを転載だけど、こっちのほうがカテゴリ別にすぐ見つけられるから便利かな、と。あと向こうを退会してしまったときに困るんで。

まぁそんな感じで。
誰も見てないだろうのでボチボチと。
好きなことでもたまに書きちらそうかな、と。
- * comments(32) * trackbacks(39)
月の道で会いましょう
2007.1.27
出会い〜長崎・熊本、音の旅
@BATTLE STAGE

SINVA
シガキマサキ
Sandytrip
大柴広己


という地元のイベントに先日行ってきました。
お目当てはシガキさん。
(それとバトルステージで働くユウキペロw)

シガキさん相変わらずステキで。
「サリー」と「月の道で会いましょう」が聴けました。
明るい時間からのライブで、そんな時間からクラシックラガーなどを呑み呑み、見ていたわけですが、呑んでたビールがうっかり目から出てきたりしました。
(暗かったので、そのまま出しっ放しにしておいた)
シガキさんの声は(歌詞も)、涙腺を刺激するなぁ。
こんなステキな声で、こんなステキな歌をうたうことができるなら、一日中うたっていたい。
(そしてたまに泣いたりしよう!)
早くアルバムでないかなぁ。。。

ところで、最後に出演者全員で、持ち回りで「はじめてのチュー」を、それぞれの方言でうたう、というのがあったのだけど、ニコニコととてもお上手にアコギを弾きながら、大阪弁で、
眠れへん夜〜♪
と、うたう大柴さんに、胸がきゅーん、となりまんた。
うーむ…これはステキだ…!
ハジメマシテ、のこのおシト、
ライブも相当ステキでした。
声が好みの声で、
ギターが上手で、
ニコニコと楽しそうにうたわれるので、こっちまで幸せ。
ゼヒまた熊本に来てほしいなぁ。


ちなみに、想像していた以上にテキパキと働くユウキペロにも、胸がときめいたりしましたとさ。
パタパタ。
ライブ☆ライブ☆ライブ * comments(0) * trackbacks(0)
ライブおさめの髭おさめ
髭(HiGE)
HiGE 2006 to 2007 PEANUTS FOREVER Tour
@福岡VIVRE HALL



とゆーわけで、もういっかい殺されに行ってまいりました。
前日の鹿児島と違って、お洒落っ娘多しのメンズ率じゃっかん高し。
ホントーに、ホントーにもう死ぬかと思った。
毎日がこのライブでいい、と。
毎日がこのライブでないなら、むしろいっそのこと死にたい、とすら思いました。
そのくらいスバラシカッタ!!!!

ストーさんの声も昨日よりは全然出ておりました。
(水と一緒にストーさんだけなんやら紙コップの飲料が)
ギターも、タラコキューピーがぶら下がったのとは別にもう1つセッティングされ、やっぱり昨日のことをふまえて、なのだなぁ、などと思ったり。

で、しょっぱなから昨日と違うハジマリでおどろく。
セットリストが会場で微妙に変わるのはまぁわかるのだけど、そこ1、2曲が差し変わる、ってゆーことはよくあっても、2daysでもないのに順番からごろっと変わるのはめずらしい!!
そんなんでおテンションがクソ上がる。
ナニヤルンダロウ!!と、ガゼン、期待。
で、1mgがきて、ギャーーーーー!!!!!!っとなる。
この曲、歌ってるストーさんがキモかわいくて、ギターがビヨンボヨンしてて聞いてて気持ち良いので大好きなのだけど、まぁ地味っちゃぁ地味な曲だし、今回のアルバム曲ではナイので、演るなんて思ってなかった!
ヒネクレモノ!! わーい、わーい!!

で、やっぱり昨日に引き続き、ハートに火をつけて、に陶然。
うっとりする。
わっつんも言ってたけど、このバンド、上手いんだよなぁ、ホント。
歌なしでも全然聞ける。
そして、静かにメンバーのテンションが上がってくるのがわかるとゆーか、なんとゆーか。
楽しそうに音にまみれてるのが見てとれて、こっちまで嬉しくなる。
あー、楽しそう。仲間に入りたい。髭ちゃんメンバーになりてぇぇぇぇぇ。。。。
(あ、なんかデジャヴw)

アタマの中の消しゴムはフル回転ですが、自分のために出来るだけの記憶をアウトプットしておこう。
(かなりテキトーで捏造)

【本日の自由人】
・黒いティシャツに黄色いカーデ。昨日と同じ紫色のスェットパンツ。
 おもっくそ下げてて超足短かっ!
・「僕は空を飛べるんだよ。今日だって飛んできたんだ」
 「僕は脳みそで使ってないところなんてナイからね」
 「だから飛べる、ってわけでもないんだけどね」
 「君たちだって空くらい飛べるだろう?」
・そして『ヒサシ、カリメロ』へ。ピヨピヨとヒヨコ歩き(←カワユス)
・曲順を変えてるせいか、次の曲がわからなくなる。
 「ぼくは曲順を忘れることだってできるんだよ」(←バカス)
・メンバーに教えられ「ははぁ、そーゆー展開ね」
・「昔の曲を演るよ」といいつつ、『王様は〜』(←ムカシノ曲ジャナイ…)
・そしてツアータイトルも間違える。ドーナッツForever。
 つっこまれて「どっちだっていいんだよ、そんなこと」
 「むしろ今日はドーナッツForeverでいいんじゃないかな?」(←アホス)
・コテイスイのことを「チンコ、あいつの本当の名前はチンコテイスイなんだよ」
 「普段は縮めてコテイスイ、って呼んでるけどね」
 (そんなシモな単語も、ストーさんが言うとどことなくお上品に聞こえるぉ)
・「どももー」とご挨拶(←カワユス!カワユス!!)
・「君たちと僕らのせってんをうたった歌だよ」
・「フィリポ、ランチにしようよ。少し遅い時間だけど。みんなで七色のゴザを敷いてさ」
・またもやスピーカーによじ上る(今回は落ちない)
・逆サイドのスピーカーまでジャミラで移動。
・ステージに戻るとき、華麗にジャンプ。
・そのまま天井の梁につかまろうとして、天井の梁をごっそり剥ぎ落とす。
 15〜20センチの破片がサイトーさんの足下にもっさり。メンバー動じず(←!!)
・後で文句を言うサイトーさんに「それは福岡名物のおせんべいだよ」
 「僕はいつもここに来たら食べるんだ」
・アンコールで出てきて、なぜかマイクスタンドと自分を、ローディとコテイスイに手伝わせ、ガムテでぐるぐる巻きに。
・「ダーティな世界へ、行きちぃのかぁ〜い?」
・今回はちゃんとダイブらしいダイブ。
 そしてそのまま後ろへ後ろへと流され、あっというまに姿が見えなくなる(←w)
・と思ったら、後方の人混みの中からジャンピングストー再び(自力でダイブ!!??スゲェ!!!)
 すんごいイキオイでコチラに戻ってくる。
 (で、ワタクシ、周りに押されてヨロリと。ストーさん「しまった!」って顔。
  ふんばってなかったワタシが悪いので、慌てて立ち上がると、ストーさん待っててくれて、
  手差し伸べてくれる←テラ王子サマw
  で、なぜか握手w)

記憶力の限界。。。
昨日は運動神経なさそう、とか思ってごめんよ。すごいよ!ストーさん!!
(しかし、相変わらずフリーダムす過ぎるww)

ストーさん、テンション高くなると、体をグラインドさせながらギターを弾くその姿がめっちゃ好き。
髪がバサァって、なるのヨ。
フェロモン過多!
かっこ良すぎだろ!!
あと、ワタクシ的に『アメニウタエバ』が聞けたのが!
もう、すっごく嬉しくて嬉しくて嬉しくて。
念願の「どぉも〜、髭ちゃんですよ〜」が聞けた!!!!
それと新曲『ドーナツに死す』!うわーうわー!これはタマラナイ!!! シングルで出してほしいよーーーーー!出してくれるよね?よね?


ところで、この日も十番台なのにやっぱり左サイドの最前は無理でして、結局は昨日と同じよーな場所で見ましてん。
(ストーサイド最前で見るには、一桁前半のチケでないと無理だと悟りました。。。
 だいたいみんな左狙いだものね。フロントマンがアレだからまぁしょうがあるまいて)
で、逆サイドからストーさんを見ようと、ガン見しようと思ったのだけれど!
目の前のイかれギタリストから、なかなか目がはなせずw
ワタシはストーさんが見たいのに!!!!
でかいイかれギタリストがワタシの視線を一人占めだ!
ヤヴァイよ、このおシト!!!!
絶対宇宙と交信とか、なんか降霊とかしてるとオモウ!!!

ついでに
【本日のイかれギタリスト】
・ストーさんのMCの最中だか曲の最中だかに、ギターを膝に正座でヘンな儀式みたい。
・ストーさんのMCの最中だか曲の最中だかに、ギターを首から下げ前傾姿勢のまま微動だにせず(ナニソレ、スキージャンプのスタート地点みたいw)
・「ストーくんが落とした天井の破片、これ絶対アスベストだと思う」
・ストーさんのおせんべい発言に、力強く「わかった、がっつり吸って帰る!」
・おテンションクソあがりの曲の最中、瞬き一つせず目を剥いて無表情で、ギターの弦をマイクスタンドにゴリゴリゴリゴリ擦りつける。
 身体が小刻みに震えている(コワイ!コワイヨ!!)
・ダーティ(?)で身体をぐるんぐるん振り回し、メガネをふっとばす。
・曲終了後、マイクに向かって叫んだ後、淡々と落ちたメガネを拾う。

そんなんだけど、ストーさんのおかしな発言にニコニコしてたりね。
血吐きそうなくらいステキです。
背高くて細くて手が綺麗で淡々としてて髪型が妙ちきりんでアタマいかれてるなんて……理想だ!
そしてサイトーさんのギター、音をハズしてるとこがすんごい好き。こんな音をくっつけるヒトなんて、ぜったいフツーのヒトではないよね。ヒネクレモノノ、カワリモノ。
このヒトがいなかったら、ワタシは髭ちゃんこんなに好きではなかったと思うなー。

はぁぁあぁぁ、ホント髭ちゃんはステキすぎる。
メンバーが仲よさそうで楽しそうで、そんなんは見てるだけで幸せになれるねー。
今回のツアーで切に切に思ったコト。

ス ト ー さ ん に な り た い 。

彼氏に欲しいとか、旦那にしたいとかでなく、ストーヒサシになりたい。
ウィリーウォンカみたいなヘイアースタイルがあんなにも似合うファンシーな髭男。
やがてミソジ(たぶん)も近いというのに、あんなわがまま坊やでやりたい放題なファンシーな髭男。
ストーさんになって、サイトーさんにちょっかいを出したい。
フィリポ大好き大好き、ってやりたい。
コテイスイをたまにいじめたい。
宮っTeaに呆れられたい。

生まれ変わったらストーヒサシになりたい。


以下セットリスト。


続きを読む >>
ライブ☆ライブ☆ライブ * comments(0) * trackbacks(0)
もういっかい殺してくれ、来週
髭(HiGE)
HiGE 2006 to 2007 PEANUTS FOREVER Tour
@鹿児島SR HALL



ヒサノビッチ、
享年:64歳。
死因:髭

やばい。
髭ちゃんがステキすぎて死ぬる。

一年前に見たときも思ったけれど、 CDで聴くより断然ライブの方がギターがグネグネしててステキです。
ひずんだ音がたまらなく耳に心地ヨイです。
ハートに火をつけてのとき、ボーカルなしの長い部分を聴きながら、あまりにもその音が気持ちよかったので、このままずっとこの音を聴いていたいなー、なんて思ったりしましたヨ。
ブラッディマリーのギターソロとか。
もう!
もう!!
なんて耳に美味しい。

そして、ストーさんは自由すぎて、ステキです。
あのおシトは、日本人でもなく地球人でもなく、自由人。
(そして斉藤さんは、たぶん宇宙人。チップ埋め込まれてるハズ。
 だからたまにいきなり動きだす)

【本日の自由人】
・青いティシャツに赤(ピンク?)のカーデ。紫色のスェットパンツ、
 という、おまえは色盲か!的なお召しモノ。
・「ハジメマシテ」と言う(←かごんまは「ハジメマシテ」ではない)
・客からブーイングをくらい「5人くらいはそうじゃないね」
・赤いカーディガンをアタマにかぶり、ジャミラみたいに。
・その格好でスピーカーによじ上ろうとして落ちる。
・でもめげずにのぼる(←がんばりやさんだNe!)
・それから柵の上を移動、逆のスピーカーへ。
・客席に向かってダイブ、とゆーより倒れ込み、ナウシカ状態。
ラン、ランララランランラン
・コテイスイと二人羽織でドラム叩くも、微妙に届いたりとどかなかったり。
 それなのに「どうだい?ボクの8ビートは」(←バカスw)

ダイブから戻ってくるとき、お客の手を自分から握り、支えてもらいながらゆるゆると戻ってくるストーさんを見て、なんだかおじいちゃんみたいだ……と思いました。

おじいちゃんみたいなおシトが、大 好 物 で す が ナ ニ か ?

そしてワタクシめも支えに使われて幸せでした。むしろ支えどころか、下僕として使われたい。
それにしてもこのヒト、運動神経なさそうだ。
てゆーか、箸よりも重いモノを持ったことがなさそうだなー、と思う。
(バンドマンだから苦労はしてると思うのだけど、そんな気配を感じない。感じないヨ!)

で、やっぱり、
ストーさんの声は、世界でイチバン好きな声。
(世の中のヒトみんなが、ストーさんの声になればイイ)

だけども、ども、ども。
ストーさんの喉の調子が、特に前半良くなかったり、客のノリがイマイチだったり、白薔薇かどっかあたりでストーさんのギターの調子がおかしくて、ローディのチューニングに時間がかかったり、
(その間メンバーはずっと曲を繋ぎつつ、ストーさんはあんまり気にするふうでもなく、ドーブツ的な鳴き声を発しながら、ジャミラで飛び回ってた。自由すぎだ、オマエw)
アンコール1回しかなくて、新曲の「ドーナツに死す」が聞けなかったり。
そんなこんなでちょっぴり消化不良のところもありつつ。

福岡ではストーさんの喉が、
調子良くなってるといいなぁ。

とゆーわけで、
本日もう一回殺されてきます。



もういっかい殺してくれ、来週
カクテルグラスで溺れてる最中

ブラッディ・マリー、気をつけろ!/髭(HiGE)




以下セットリスト。
続きを読む >>
ライブ☆ライブ☆ライブ * comments(0) * trackbacks(0)
<< 2/37PAGES >>

profile
others

admin
RSS1.0
Atom0.3
photo by splay
2bit
Powered by JUGEM